横浜ホームページ作成 湘南C―Xの商業施設名称は「テラスモール湘南」に、湘南最大11月11日開業

JR辻堂駅北口で進む大型再開発、湘南C―X(シークロス)内の中核商業施設の名称が「テラスモール湘南」に決まった。開業日も11月11日と決定、281店舗が集積する湘南地区最大の商業施設となる。全店舗が決まり、ホームページが開設された。

 日本初進出2店舗や県内初進出36店舗を含む大規模複合商業施設で、地元湘南の飲食店なども入るのが特徴。

 ファッション雑貨・インテリアで知られる英国メーカー「Cath Kidston(キャス・キッドソン)」が世界で初めてカフェをオープンする。

 このほか、路面店を再現した「湘南ヴィレッジ」やフードコート「潮風キッチン」などを設け、湘南の雰囲気を感じられる工夫を凝らしたという。

 飲食、物販のほか、動物病院や美容院、エステなどのサービス関連も充実。湘南地区最大規模のシネマコンプレックス(複合映画館)なども入る複合商業施設に仕上げるという。

豊橋ホームページ作成

千葉ホームページ作成

町田ホームページ作成

厚木ホームページ作成

春日部ホームページ作成

小山ホームページ作成

熊谷ホームページ作成

京都ホームページ作成
[PR]

# by home_yh | 2011-10-01 01:39

ホームページ作成 上海市場、社会保障基金流入期待で、リバウンド継続?

12日(金)の上海総合指数 は0.45%上昇、終値は2593.17ポイント。売買代金は前日とほぼ同じ1000億元。タッチパネル、パソコン関連、クラウド関連、三網融合などの戦略的新興産業やこれまで大きく売られてきた鉄道インフラなどが大きく上昇し、証券、銀行、航空、金などが軟調であった。小型株が強く、大型株が弱いといった展開であった。

 12日(金)から15日(月)にかけて発表された主なニュースは以下の通り。
・第“十二五”期間中、当局各方面は長期資金を積極的に証券市場に取り組む考えであり、株価が下落した9日、社会保障基金が合計で100億元の買い支えを行った模様。現在、中国版401K計画が進んでおり今後も、政府による株価安定化策が実施される可能性がある。(記者による取材記事)(証券日報)
・中国人民銀行が12日に発表した第2四半期貨幣政策執行報告書は、物価情勢は楽観できず、中国人民銀行は引き続き物価コントロールをマクロコントロールの主要業務とする発表した。専門家によれば、輸入性物価上昇圧力は高まっているが、経済成長率が大幅に落ち込むリスクを無視できず、貨幣政策はおそらく、効果を観察する時期に入ったであろう。なお、この内容は、欧米債務危機発生前に作成されたものである。(記者による取材記事)(新京報)
・中国人民銀行金融統計データ報告によれば、7月末時点のM2は対前年同期比14.7%増、人民元貸出純増額は4926元増加、外貨貸出純増額は1億米ドル増加となった。(中国人民銀行ホームページ)
・中国工信部によれば、今年の1月から5月にかけての中国の原油における対外依存度は55.2%となり、初めてアメリカ(53.5%)を追い越した。専門家によれば、天然ガス消費が拡大したことが要因であり、石油に対する過度の依存からは脱却しつつある。(中国新聞ネット)

 上海総合指数は底堅い動きとなっている。社会保障基金の買い、401K計画の進展など、ようやく資本市場に対する積極策が話題に上り始めた。国際金融危機が改めて起きた時の対処方法を政府は考え始めている。これで物価さえ減速すれば、本土株は“上昇トレンド入り”であろう。売られる材料は少なく、本日は強含みと予想。(編集担当:田代尚機)

ホームページ作成

ホームページ作成激安

ホームページ作成料金

ホームページ作成格安

ホームページ作成無料

会津若松ホームページ作成

郡山ホームページ作成

伊勢崎ホームページ作成

本庄ホームページ作成

日光ホームページ作成
[PR]

# by home_yh | 2011-09-19 21:15

横浜ホームページ作成 震災発生時は8割以上が誰かと一緒に下校…小学生白書Web版

学研教育総合研究所では、「小学生白書Web版」2011年6月調査の速報版として、「災害時における下校のあり方等に関する調査」の結果をホームページに公開している

同調査は3月の東日本大震災の発生時に、学校と連絡がとれない、保護者が帰宅難民になり子どもと会えないなど、小学生の下校をめぐって生じたさまざまな問題を受け、実態を調査し、今後に活かすことを目的として行われたもの。

 調査対象は、東京、神奈川、埼玉に住む子どもを持つ保護者(25~55才)8,689人に対して行った予備調査により、3月11日の地震発生時に学校にいた小学生を持つ保護者を抽出。低・中・高学年の保護者から、それぞれ300人の回答を集計対象としている。調査時期は6月中旬。

 3月11日の下校の様子は、「引き渡し」が43.5%ともっとも多く、次いで「集団下校」が40.3%となり、合わせて8割以上が誰かと一緒に下校したという。一方で、「1人で帰ってきた」という回答も10.9%あった。

 集団下校の方法は、「先生が付き添った」が49.5%、「保護者が付き添った」が15.0%、大人と一緒の集団下校が6割を超えたのに対し、「子どもたちだけで集団下校した」という回答も34.2%あった。

 集団下校に関して不満だった点を聞いたところ、「保護者が家にいなかった子どもへの対応が不十分」だった状況があり、その点について「不満を感じる」と84.4%が保護者が回答している。保護者が不在の家庭の子どもに対して配慮がなされない集団下校の問題点が提起されている。

 また学校への「引き渡し」で、子どもを迎えに行った人については、「自身、もしくは配偶者」という回答が89.6%と圧倒的多数だった。

 「引き渡し」に関する不満点としては、「保護者が学校に迎えに行けない子どもへの対応が不十分だったこと」について不満に思う回答者4分の3以上となり、学校で保護者の迎えを長く待つことになった子どもたちのケアが課題として提言されている
[PR]

# by home_yh | 2011-08-30 10:49